車検 車検業者の選び方

車検業者の選び方

自分にピッタリの車検を選ぼう!

車検業者にはそれぞれメリットとデメリットがあり、「どこがいちばん優れている」というような単純な比較は不可能。そこでそれぞれのメリットとデメリットを表にまとめてみた。

車検業者ごとのメリット/デメリット

業種 メリット デメリット
ディーラー 自社ブランドであれば、クルマのウィークポイントを知りつくしているので、的確なメンテナンスが受けられる 格差は小さくなってきているものの、他の業種に比べて整備代金などのプライスがやや割高。
車検専門業者 費用がディーラーに比べて安い上、割引メニューが豊富。整備工場をベースとしている業者ならウデも確か 保証制度の充実は、ディーラーに一歩譲る。交通の便が悪いところの立地では、クルマを預けて帰るときに不便
大手カーショップ ドレスアップカーでも安心して任せられる。また車検と同時にパーツを装着したりと、使い勝手がいい 同一のチェーンでも、郊外にある大型店舗だけが車検に対応しているところがある
ガソリンスタンド 顔なじみになりやすく、気軽に相談できる。日常的に使っているため、予約が「ついで」にできる 車検専門業者のフロントとしての役割が多く、自社で整備工場を備えているところは少ない
ユーザー車検 平日に時間さえとれれば、コスト面ではもっとも安い。自分でメンテナンスできる人に最適 車検だけ通しても、消耗部品の交換はディーラーなどでメンテナンスを行う必要がある

では、これら多くの業者から、自分にピッタリのシステムを選ぶにはどうすればよいのだろうか?

初心者で今回が車検初体験だったり、メカが嫌いでボンネットすら開けたことがないという人は、迷わずディーラーに直行しよう。車検を引き受ける業者の中で、そうしたユーザーともっとも接点を持つのがディーラーだからだ。営業スタッフのペースにあわせているだけで、パック制度の活用や向こう2年間に故障する可能性のあるパーツの交換など、キメ細かく対応してくれる。
ガソリンスタンドの最大のメリットは、プライスもさることながら、受付時間の柔軟性。深夜まで営業するカーショップも増えてはいるものの、お店によっては24時間営業というガソリンスタンドの便利さにはかなわない。

車検は安心を買う制度。通しただけで安心はダメ!

なお、ここに挙げた業態以外にも、ユーザー車検代行を行う業者もある。これは個人で陸運事務所にクルマを持ち込む時間がとれない人に代わってクルマを運び、陸運事務所で車検の手続きを行うというもの。

多くの場合、陸運事務所近くの民間工場(予備車検場)で実際の車検でチェックする項目をチェックして、NGの部分のみ簡単な整備を行い、車検を受けるという流れになっている。

ただ、なかにはいきなり車検ラインにクルマを持ち込み、何も問題が出なければそれでOKという業者もあって、向こう2年間の“安心”はユーザー車検同様、まったく期待できない。持ち込みの手数料がかかることを考えれば、もう少しプラスして専門業者やディーラーに依頼する方が、車検期間トータルでは安く付く場合も少なくない。

日常的にクルマのメンテナンスを行っているユーザー以外にメリットは大きくないと考えるべきだろう。

オートックワンのカーライフ支援サービス